年間スローガン


「New Futures」
新しい未来のために進もう

基本方針


はじめに

 「New Futures」

 

 私たちは何のためにJAYCEE活動を行っているのでしょうか。より良い地域や社会を創るためでしょうか。少なくとも私は入会時にそんなことを考えてはいませんでした。

 自分にとってJAYCEEとは何なのか、誰のためにJAYCEEをやっているのか、その自問自答は卒業するまで、私たちを追いかけて来ることでしょう。JAYCEEなんかやる時間あるなら仕事を頑張りなさい。飲み会ばっかりやる時間とお金があるなら、従業員に還元してくれよ。もしかしたら、自分たちはそんなふうに言われたり、思われたりしているのでないかと、ふと思うことがあります。社会のため、地域のため、自分はJAYCEEをやっているのだ。それを聞いて、誰が納得してくれるのでしょうか。そもそも私たちは聖人ではない、青年経済人だ。JAYCEEの先に自身の成長、成長から得られるリターンが無ければ、ただの奉仕団体だ。そうだ。

「私たちは自己投資のためにこの会に入会したのだ。」

 JAYCEE活動を行いながらも自分のビジネスを切り拓いたすごい先輩や友人が、私の周りには何人もいます。自分も彼らのようになりたい、どうやったら成れるのだろうか、自分と向き合い自己成長した結果、私はこの場に立たせていただいている。私はJAYCEEが与えてくれた出会いに恩返しがしたい。こんな時代だからこそ、自己成長を望む仲間のためにやるのだ。そう想いこの場に立つことを決めました。

とかちに希望を

 私たちは生活の変化に伴う対応や新たな地域の在り方との向き合い方といった多くの課題に直面していますが、現状を理解し誠実に向き合うことが問題解決の一歩であり、ニューノーマルな時代の大きな前進につながります。地域に希望を創出するためには、地域の豊かな風土を活かした食や観光などの様々な魅力がある中で、今ある「とかちの価値」をより一層大きく引き出すことが重要であり、まずは一般社団法人帯広青年会議所がその価値を再認識し、私たちが地域のアイドルギアとして、地域に住まう一人ひとりに伝播する必要があります。

 そこで、地域に住まう人々とともに未来の地域に必要なありたい姿を想像し、新たな魅力を発掘し、インパクトのある事業を創出することで、「希望・未来・笑顔」の確立に果敢に挑戦し積極的な事業に向けて「考動」を起こしてまいります。

とかちの未来をデザインする

 SDGsは持続可能な世界を実現するための国際社会の共通目標であり、一般社団法人帯広青年会議所は地域に対してSDGsの普及・啓発を行い、行政や関係諸団体と連携して当事者意識を芽生えさせる活動を展開してまいりました。しかしながら、2030年の目標達成に向けて、SDGsを通して全てがつながっていることを理解しなければならず、これまで地域が行ってきた手法が社会の変化により持続不可能であるならば考え方を変えることも必要です。そして何より持続可能な地域とするためには「切れないサプライチェーン」が重要となり、行動の10年の意味を改めて考え、新たな可能性をデザインすることが必要です。

 そこで、一般社団法人帯広青年会議所はSDGsのトップランナーとして、今一度メンバー一人ひとりが「考動」することが必要不可欠となります。「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現に向け私たちのもつネットワークを活用し、全国へ発信できるモデル都市の実現に向けて果敢に挑戦することで持続可能な「SDGsスパイラル」を創り上げ、地域の新たな可能性を描いてまいります。

アップデートし続ける組織

 組織の運営無くして運動や活動の展開はあり得ません。先輩諸兄姉から脈々と紡がれてきた厳格な運営は帯広青年会議所がこだわりと誇りをもつ基盤であり、組織として展開する全ての事業を下から支える重要な力です。しかしながら、変化する時代に即した新たな組織の在り方について私たちは考え続けなくてはならず、柔軟な姿勢で組織改革に取り組む必要があります。定款、諸規則といった規律の徹底はもちろん、受け継がれてきた厳格なルールの重要性を理解したうえで、組織の現状を把握し運動・活動の効果をより高めるためのアップデートをすることでより洗礼された組織運営が確立され、メンバーの成長につながるとともに地域への影響につながるのです。

 一般社団法人帯広青年会議所の新たな組織を厳格に運営することでメンバーの意識と熱量を爆発的に上げ、地域での存在意義を高めて、これからの時代により求められる団体になるのです。組織を改革する新たな「考動」に果敢に挑戦し第一歩を踏み出してまいります。

渉外を通じたブランディングの向上

 渉外とは究極の目配り・気配り・心配りであり、63年間紡いできた帯広青年会議所ならではの渉外は、公益社団法人日本青年会議所をはじめとした多くの方々とLOMメンバーをつなぐ組織のパイプ役です。まずは一般社団法人帯広青年会議所メンバー全員が渉外に対する誇りを高め、携わり続けることで相手を思いやる視野が広がります。この下支えとなる精神を経験することで会社や家族への恩返しにつながります。

 また、渉外は地域に向けたブランディングに直結する大変重要な役割です。組織のブランディングには、課題や問題を整理して明確なゴールを設定し、プロセスを具体化したうえで広報することが必要であり、それによりメンバーのさらなる強い「愛郷心」の醸成へとつながります。渉外での厚い連携と地域に向けた積極的な発信に果敢に挑戦し、組織の価値を持続的に高めてまいります。

「希望」となれる人財育成

 私たちは帯広青年会議所に自らが決断し、様々な動機で入会しました。入会を決意し、自己投資のために一歩を踏み出した新入会員を私たちは心から歓迎いたします。青年会議所には多くの学びとなる機会が平等に提供されますが、参加しなければ得るものも得られません。一人ひとりが向上心をもち希望に満ち溢れた目標を定め、仲間と切磋琢磨することで自己の成長につながり、家族・会社・地域に多大な影響を及ぼします。「修練・奉仕・友情」の三信条の基、究極の学び舎である帯広青年会議所の活動を通して、地域を牽引するリーダーを目指し多くの学びを成長につなげて地域の持続的な「希望」となれる人財を一緒に目指していきましょう。

 自己成長のために帯広青年会議所に入会したことにより、新たな時代をより広い視野で選択の幅を広げ、自分自身から学びを求めていけば得られるものは無限にあります。新たな挑戦を止めることなく共に信じ合い、共に成長するために「考動」を起こしましょう。

未来への会員拡大

 帯広青年会議所が明るい豊かな社会の実現に向けて運動を展開するうえで会員の拡大は必要不可欠なことであり、会員数の減少により運動縮小の現実は避けられません。究極の青年会議所運動である会員拡大は、メンバー全員が当事者意識と目的意識をもち主体的に「考動」しなければなりません。

 私たちは先輩諸兄姉が歩んできた63年の歴史や伝統、魅力を候補者に伝播し、帯広青年会議所が地域に求められている組織であることの重要性を今一度メンバー一人ひとりが理解することで、未来を担う人財が生まれ、会員拡大につながります。地域をリードし続ける存在であるためには魅力的な人財が必要であり、持続可能な地域の発展のために熱量を上げ、効果的な会員拡大に取り組んでまいります。

終わりに

 幸せとは何でしょうか、もし世界に自分一人しかいなければ、そこに幸せは存在しません。幸せとは人との関わりの中で生まれるものです。家族の幸せ、親戚の幸せ、仲間の幸せが地域の幸せにつながっていきます。私は家族や会社の人々に理解して頂きJAYCEEE活動に参加しています。自己投資で得た利益は最終的に応援してくれた周囲の人々に還元しなければなりません。それこそが私の最大の幸福につながると考えています。

 そして私たちが住んでいるとかち帯広は、多くの先輩諸兄姉が情熱をもってつくり上げてきました。ではこれから数十年後のとかち帯広は誰がつくるのでしょうか。それは未来の責任世代である私たち青年経済人です。変化していく世界の中で私たちは思考停止にならず、自分で考え、形を変えながらも常に前に進んでいこう。まずは私たちが豊かな心をもち、明るい未来を地域に生み出すことができれば、きっと多くの人を「POSITIVE CHANGE」することができます。かけがえのない幸せが溢れるとかち帯広のために、今こそ勇気をもって一歩踏み出し、

大きな変化を
生み出していこう。