第59回おびひろ氷まつり作業五日目【2022.01.14】

 

 「第59回おびひろ氷まつり」の準備作業5日目の模様をお送りします。本日も昨日に引き続き、回転ソリ用のリンクと迷路の雪壁の制作を進めていきます。本日も子供たちの笑顔のために作業開始です!

理事長挨拶

 はじめに一般社団法人帯広青年会議所 理事長 清信 里樹(きよのぶ りき)君から挨拶があり、「この時期は理事会やアカデミースクールなどで忙しいとは思いますが、多くのメンバーが参加することによってメンバー全体が盛り上がり、より良い青年会議所活動に繋がると思いますので、沢山の参加をお願いいたします」とメンバーの気を引き締めました。

金尾先輩

 続いて、46年会※1の金尾 泰明(かなお やすあき)先輩から「たとえ何か失敗したとしても、怪我をしなければ100点満点だと思っています。怪我をしないように楽しんで子供たちに笑顔を届けてください」とご挨拶をいただきました。

沢本先輩

 そして、同じく46年会の沢本 一輝(さわもと かずき)先輩より「雪の神さまにも愛されて最高の状態で、万全の体調管理で、清信理事長のもといいスタートを切ってもらえればと思います」との激励の言葉をいただきました。ありがとうございました!

委員長挨拶

 とかちの「希望」創出委員会 委員長 米澤 祥隆(よねざわ よしたか)君が「今週は最後の作業となります。本日の作業時間は短いですが、怪我のないように集中しての作業をおねがい致します」と注意喚起を行いました。

気合い入れ

 本日の気合い入れは、顧問 小谷 行正(こたに ゆきまさ)君で「先輩方も言われていた通り、怪我・事故を起こさないことが一番重要になります。元気よく声をだしていきましょう!」とメンバーを鼓舞していただきました!

46年会

 46年会として金尾 泰明先輩、沢本 一輝先輩から、また、足立 純一(あだち じゅんいち)先輩、2022年度 帯広青年会議所 じゃがいもクラブ会長 堂田 和彦(どうだ かずひこ)先輩、UDトラックス道東株式会社様、いいとも会の皆様、沢山の先輩諸兄姉の皆様が激励に駆けつけていただきました。皆様、御多忙の中、本当にありがとうございました!

55年会

 55年会の皆様が駆けつけてくださいました。ありがとうございます!左から高橋 弘樹(たかはし ひろき)先輩、金澤 宗一郎(かなざわ そういちろう)先輩、北口 英樹(きたぐち ひでき)先輩、堀内 里恵(ほりうち りえ)先輩、萩原 一宏(はぎわら かずひろ)先輩です!

雪壁制作

 アカデミー委員会 委員 津田 祥平(つだ しょうへい)君が手慣れた様子で迷路の雪壁制作を行っています。

雪壁制作2

 写真右からアカデミー委員会 委員 北村 翼(きたむら つばさ)君、佐々木 広太(ささき こうた)君です。連日の作業をものともせず集中して慎重に作業しています。

雪塊運搬

 会員拡大委員会 副委員長 渡邉 京亮(わたなべ けいすけ)君が重機を自在に操作して雪塊を運搬しています。

雪壁制作3

 本日の作業も怪我・事故なく、メンバー同士で声を掛け合って作業を終えることができました。作業日程も順調に半分を消化し、全体像が見えてきました。 明日は第1回アカデミースクールが開催されるので作業はお休みとなりますが、来週からもメンバー全員で一丸となって子供達の笑顔のために頑張ります!

 ※1.46年会・・・・昭和46生まれの帯広青年会議所を卒業した会員

第59回おびひろ氷まつり 公式ホームページ

大地君ライン

 私たちは明るい豊かな社会の実現のため、社会貢献の活動と自己啓発トレーニングなどを通じて「まちづくりとひとづくり」をする団体です。一般社団法人帯広青年会議所は、共に感動を分かち合う仲間を募集しておりますので興味のある方は下記へご連絡ください。

 また、一般社団法人帯広青年会議所では、皆様からのご意見を今後の運動の参考にさせていただきたく、アンケートを取っております。下記のリンクより、アンケートにご協力ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA