2022年度京都会議【2022.01.20~23】

 今回は、1月20日から1月23日まで開催された2022年度京都会議の模様をお伝えします!京都会議は公益社団法人日本青年会議所が主催する年初の大変重要な会議です。一般社団法人帯広青年会議所からも多くの出向者を輩出している公益社団法人日本青年会議所の運動、方向性を京都の地で全国の青年会議所に示す大切な場となっております。

ウェルカムボード

 

 昨年は新型コロナウイルスの影響により完全WEB開催となってしまいましたが、今年度は感染防止を徹底しハイブリッド形式で開催されました!開催期間中は毎日、会場への入場前に抗原キットで必ず検査を行いました。

抗原検査キット

 1月21日には厳粛な雰囲気のなか、公益社団法人日本青年会議所 第1回理事会が開催されました。京都会議はこの理事会から毎年スタートします。

第1回理事会

 第1回理事会に続いて、公益社団法人日本青年会議所 北海道地区協議会 第1回会員会議所会議が開催されました。一般社団法人帯広青年会議所からは、顧問 梶原 一生(かじわら いっしょう)君、道東エリア担当副会長 小谷 行正(こたに ゆきまさ)君をはじめ、多くの出向者を輩出しております。

第1回会員会議所会議では、公益社団法人日本青年会議所 北海道地区協議会 日ロ関係委員会 委員長 加藤 貴裕(かとう たかひろ)君が上程を行いました!

加藤委員長上程

 最後に顧問 梶原 一生(かじわら いっしょう)君が講評に立ち、「リーダーとして行うべきことは、自分で情報を収集し、いち早く決断を下すこと。今回の京都会議でぜひ多くのことを感じ取って、自分たちの学びになるものを持って帰っていただきたい。」と出席者を激励しました。

梶原顧問講評

 1月22日には各種セミナーやフォーラムが開催されました。一般社団法人帯広青年会議所から会計幹事として清水 隆吉(しみず たかよし)君が出向している公益社団法人日本青年会議所 新たな資本主義創造会議では「経済フォーラム」を開催。社会と企業の利益を両立し、全てのステークホルダーと調和を図りながら経済が持続的に好循環する社会を目指す新たな資本主義の実現に向けて「八方よし経営」を推進するため、多角的な視点を持つことや長期的なビジョンを持って実践することの価値をテーマに講演とパネルディスカッションが行われました。

 1月23日には京都会議の締めくくりとして新年式典が行われ、公益社団法人日本青年会議所 会頭 中島 土(なかしま つち)君が2022年度会頭所信を表明しました。28年前にタイでスラムを目の当たりにした体験について語り、「あなたはまちの未来、そしてご自分や世界の未来、子供たちの未来にもしかすると不安を感じているかもしれません。しかし、あなたには幸せを生み出し続ける装置であるJCがあります。あなたがこのJCを活かしきれば、まちも未来も確実により良くなります。今日ここから、勇気をもって、不安を希望に変える一歩を共に踏み出しましょう。」と全国の会員に呼びかけました。

 最後に、記念撮影です。京都会議での学びを糧に今年度も一般社団法人帯広青年会議所の運動に邁進していきます!ご期待ください!

集合写真
大地君ライン

 私たちは明るい豊かな社会の実現のため、社会貢献の活動と自己啓発トレーニングなどを通じて「まちづくりとひとづくり」をする団体です。一般社団法人帯広青年会議所は、共に感動を分かち合う仲間を募集しておりますので興味のある方は下記へご連絡ください。

 また、一般社団法人帯広青年会議所では、皆様からのご意見を今後の運動の参考にさせていただきたく、アンケートを取っております。下記のリンクより、アンケートにご協力ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA