第71回全国大会おおいた大会 副主幹締結調印式【2022.04.26】

副主幹締結調印式

 4月26日(火)、第71回全国大会おおいた大会 副主幹締結調印式がWEB上にて行われました。一般社団法人帯広青年会議所からも多くの出向者を輩出している公益社団法人日本青年会議所では、1年間の集大成の場として毎年全国大会を開催しており、今年は10月に大分の地にて開催されます。主管を務められる一般社団法人大分青年会議所様と34年前より姉妹青年会議所として提携する一般社団法人帯広青年会議所では、平成19年に帯広の地にて開催された第56回全国会員大会にて多大なるご協力をいただいたご恩に報いるべく、この度副主幹の一翼を担わせていただくこととなりました。昨今の新型コロナウイルスの感染拡大状況を鑑み、WEB開催となった副主幹締結調印式には、両青年会議所より60名を超えるメンバーが出席しました。

調印

 冒頭、一般社団法人大分青年会議所 理事長 姫野 靖之(ひめの やすゆき)君が、「出席された方々がより良い時間を過ごせるようにしていきたい。一般社団法人帯広青年会議所の皆様にとっても素晴らしい発展の機会としていただけたら」と挨拶。続いて、大会実行委員長を務める一般社団法人大分青年会議所 副理事長 清藤 卓治(きよふじ たくじ)君が「大分の未来をいかに創造するかということをテーマに全国大会の構築を進めている。一般社団法人帯広青年会議所からもお力添えをいただき成功に導いていきたい」と意気込みを語りました。その後、副主幹締結調印に臨んだ一般社団法人帯広青年会議所 理事長 清信 里樹(きよのぶ りき)君は、「私たちも副主幹として全力でバックアップしていきたい。会頭を輩出し、全国大会を実施する非常に大変かつ楽しい1年になるかと思うが、一緒に歩んでいければ」と応じました。

シュプレヒコール

 副主幹締結調印式はその後、開催地大分にちなんだ「まっちょんけん」のシュプレヒコールを全員で行い、なごやかな雰囲気のうちに滞りなく閉式となりました。

大地君ライン

 私たちは明るい豊かな社会の実現のため、社会貢献の活動と自己啓発トレーニングなどを通じて「まちづくりとひとづくり」をする団体です。一般社団法人帯広青年会議所は、共に感動を分かち合う仲間を募集しておりますので興味のある方は下記へご連絡ください。

 また、一般社団法人帯広青年会議所では、皆様からのご意見を今後の運動の参考にさせていただきたく、アンケートを取っております。下記のリンクより、アンケートにご協力ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA