7月例会「家族交流例会~感謝サマsummerなつまつり~」【2022.09.03】

7月例会「家族交流例会」

 7月に開催予定だった7月例会「家族交流例会~感謝サマsummerなつまつり~」が新型コロナウイルス感染症の影響により開催日を変更し、9月3日(土)に帯広緑ヶ丘公園にて感染対策を強化するなか行われました。

 まずはじめに、一般社団法人帯広青年会議所 理事長 清信 里樹(きよのぶ りき)君より「ここ数年、新型コロナウイルスの影響により家族例会の開催や、会員家族と共にバーベキューを楽しむことができませんでした。今年はソーシャルディスタンスや消毒液の設置等で感染対策を徹底したなかでの開催となりましたが、多くのご家族の皆様に参加していただき、誠にありがとうございます。ご家族の支えがあるからこそ、私たちは青年会議所の活動や運動を展開しております。その日頃の感謝の気持ちを伝えさせていただき、家族で楽しめるファンクションも用意しておりますので、楽しんでいってください!」と挨拶がありました。

 メンバーから素敵な家族を紹介していただきました。

 子供達も元気に自分で自己紹介をしていました!

 アカデミー委員会 副委員長 五十嵐 一美(いがらし ひとみ)君扮するバーベキューの達人ヒトミバーベキューのバーベキュー講座の様子です。

 バーベキューに欠かせないのは火起こしですよね。

 ヒトミバーベキューではいとも簡単に火を起こす方法が披露されました。

 火起こし器に炭を入れ、その炭の下に焚き付けを入れ、火を点けて後は放置するだけ!!

 火起こし器の中で暖められた空気が上昇することで生じる煙突効果を利用しての火起こしです。

 うちわで仰ぐ必要はなく、とても簡単なので、ご家庭でバーベキューする際に是非ご活用ください。

 次は炭の温度を手の平で計測する「ミシシッピテスト」をしてみました。

 炭から20cmほどの距離に手をかざし、「1ミシシッピ、2ミシシッピ、3ミシシッピ・・・」と数えて我慢できた回数で熱さを判断します。

 さあ、何ミシシッピ数えられたでしょうか?

 ※2~3ミシシッピは230℃以上、4~5ミシシッピは180℃前後、7ミシシッピ以上は150℃以下だとされております。

 温度がわかった所で網の上に食材を置き、焼き目模様を付けていきます。

 網に対して食材を斜めに置くのがポイントです。

 綺麗に斜めの焼き目が入るともっともっと美味しく見えます。

 本来はお肉に焼き目をつけますが、写真では食パンでまず実験しています。

 食事は視覚からも美味しさが倍増しますので、皆さんもお試しあれ!

  アカデミー委員会 副委員長 池本 考範(いけもと たかのり)君扮するクーヘンたかのりのバームクーヘン講座の様子です。

 木の棒にアルミホイルを巻いて、ホットケーキミックスを塗っては焼いてを繰り返すことで、何層にも重なった美味しいバームクーヘンが出来上がります!

 根気がいる作業なので、みんなで協力し合い交代で層にしていきます。

 みんなモクモクとバームクーヘンを楽しみながら作っていました。

 委員会ごとに火を囲い、団欒タイムの様子です。

 ご家族に日頃の感謝を伝え家族サービス。

 子供たちも嬉しそうですね♪

 最後に一般社団法人帯広青年会議所 副理事長 世良 雄大(せら ゆうだい)君より、「日頃より私たちの活動にご理解していただいております家族の皆様へ、感謝申し上げます。短い時間ではありましたが、家族交流例会を通じて家族への感謝と交流が出来ました。参加していただき誠にありがとうございました。」と閉会の挨拶がありました。

 楽しい時間はあっという間に過ぎ、最後に参加者全員で記念撮影です。

 ご家族との時間は私たちの原動力です。

 例会を通して日頃からの感謝の想いを家族へ伝えることができました。

 また明日から私たちは青年会議所活動や運動に邁進してまいります!!

 参加していただいたご家族の皆様、そしてメンバーの皆様、ありがとうございました。

大地君ライン

 私たちは明るい豊かな社会の実現のため、社会貢献の活動と自己啓発トレーニングなどを通じて「まちづくりとひとづくり」をする団体です。一般社団法人帯広青年会議所は、共に感動を分かち合う仲間を募集しておりますので興味のある方は下記へご連絡ください。

 また、一般社団法人帯広青年会議所では、皆様からのご意見を今後の運動の参考にさせていただきたく、アンケートを取っております。下記のリンクより、アンケートにご協力ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA