2024新年交礼会集合写真
北海道ファミリーフェスティバル【2024.05.12】
北海道ファミリーフェスティバル【2024.05.12】
第4回道東エリア会議【2024.05.11】
第4回道東エリア会議【2024.05.11】
2024年度じゃがいもクラブ 第1回例会 OB会長杯 【2024.05.05】
2024年度じゃがいもクラブ 第1回例会 OB会長杯 【2024.05.05】
2024年度会頭公式訪問【2024.04.30】
2024年度会頭公式訪問【2024.04.30】
4月例会「OB合同例会」 【2024.04.23】
4月例会「OB合同例会」 【2024.04.23】
previous arrow
next arrow

PICK UP


 帯広青年会議所はまちづくり、ひとづくりを通じてとかち帯広の地域発展に貢献するため、様々な例会や事業を行っています。


POLICY


Blast Off!

~輝かしい未来へ~

「なせば成る なさねば成らぬ 何事も
成らぬは人の なさぬなりけり」

 江戸時代中期の米沢藩主、上杉鷹山は、主権在民を説き、民主的な改革を行い、自らが率先して生活を律することにより人々の心を動かし、一人の行動で世の中を動かしたその姿は、現代においても理想のリーダーとして名前が挙げられています。
 「明るい豊かな社会」の実現という不変的な理念をもつ我々Jaycee にとって、行動しなければ何も成せない、なにかを成すならば率先して行動しなければならない、その姿勢を地域に示すことが必要なのです。

 創立 66 年目を迎える帯広青年会議所は、多くの先輩諸氏が熱い想いを胸に、時代に即した地域課題の解決に取り組み、ひとづくりを通したまちづくりを行い、地域の発展に寄与してきました。我々は、課題の解決に必要な熱い想いと脈々と紡がれた歴史を継承し、新しいことにも臆さず挑戦を行い、先輩諸氏が築いてきた帯広青年会議所の運動に更なる推進力を与えていかねばなりません。

 そのためにも、我々一人ひとりが青年会議所運動を通して心を豊かにし、青年会議所活動を支えてくれている身近な家族や共に働く仲間に夢をみせ、未来を切り開いていく行動力を持ち、地域のアイドルギアとして継続的な運動を構想し、より地域に求められる存在になる必要があります。一般社団法人帯広青年会議所メンバーが、「明るい豊かな社会」の実現のため率先して行動する姿を地域に示すことで、多くの人の心を動かし地域に好循環をもたらすことができるのです。

 帯広青年会議所のルールを順守しながら地域の模範となる組織となり、メンバーのウェルビーイングを追求し、野心的な目標を立てて地域に好循環を生み、地域を発展させていく。

 我々が未来に信頼をもたせるためにも、まず我々自身を信頼し地域にその姿勢を示していきましょう。